澄川麦酒について

  1. 澄川麦酒TOP
  2. 澄川麦酒について

代表メッセージ

Message

小規模ならではの強みを活かした

“自分たちの造りたいビール”で、

クラフトビールをもっと日常へ。

自分たちの造りたいビールを作る澄川麦酒の方々

2011年にバールを開店して以来、国内外を問わず、数多くのクラフトビールを取り扱ってきました。開業当初は「ビールのクセになんでこんなに高いんだ!」とお叱りを受けることも少なくありませんでしたが、今ではようやく、そのようなこともなくなってきました。
また開業当初は、あらゆるブルワリーからよりどりみどりで購入できたビールが、昨今のブームも相まって、希望数量が手に入らないばかりか、なかには「瞬殺」されるものもあり、ずいぶんと様子が変わってきました。

ビールを造りたいという気持ちはかねてから抱いていたものの、そのハードルの高さ(主に金銭面)から半ば諦めていました。しかし、師匠(石見麦酒)との出会いから一変、「これなら自分でもやれる」ということで2018年に参入しました。先に述べたようなクラフトビールの盛り上がりが背中を押してくれた面もあります。

醸造の様子を見る澄川麦酒の齋藤泰洋さん

澄川麦酒のコンセプト

では、澄川麦酒ではどのようなビール造りをコンセプトとしているのか。麦芽をしっかり使ったフルボディのビール、副材料を贅沢に使ったビールなど、大手メーカーには造りづらい、小規模醸造所ならでは強みを活かしたビールを造りたいと思っています。
たとえば、澄川麦酒のひとつの特徴と言えるのですが、道産素材を用いたビールに積極的にチャレンジしてきました。北海道の農家さまや珈琲焙煎士さまなどとのコラボビールは、私たちも作っていてワクワクします。
長く商売をやっていれば、「売れるビール」はある程度目処がつきますが、そうではなく、「自分たちが造りたいビール」「お客さまに紹介したいスタイルのビール」をしっかり造っていきたい、そんな思いで日々ビールと向き合っています。

2011年とはずいぶん状況が変わったとはいえ、今はまだクラフトビールは特別なもので、「ちょっと臨時収入があったから飲みに行こう!」という空気感があるのかなと思います。そんなクラフトビールを、もっと日常に溶け込ませていきたい。そのためには、流通量や金額面など、実現しなければならないことがたくさんありますが、その目的に向かってコツコツと進んでいくつもりです。みなさま、おつきあいのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

澄川麦酒株式会社 醸造責任者 兼 代表取締役
齋藤 泰洋

会社概要

Company overview

会社名
澄川麦酒株式会社
設立
2017年9月14日
代表取締役
齋藤 泰洋
本社
札幌市南区澄川4条9丁目2番5号
事業
  • 酒類製造業(クラフトビール)
  • 飲食店営業
  • イベントの企画運営
主要取引先
  • 月と太陽BREWING
  • 北海道くらし百貨店
  • 旭山コナール
  • グランヴァンセラー

メディア掲載・受賞歴

Media & Award

メディア掲載のアイコン

受賞歴

メディア掲載のアイコン

日本ビアジャーナリスト協会「2019年あなたが推したいブルワリーはどこ?」全国9位